月別アーカイブ: 2007年10月

子どもの睡眠習慣

子どもの睡眠時間の長さは、少なくても十分な子や、たっぷり寝ないと足りない子
など、子どもによって様々です。

スイスの研究者達は、睡眠時間に関して1才〜10才までの調査を行い、平均睡眠時間は1歳児で1日14時間以上、10歳児で10時間と自然に減少。必要な睡眠時間は子どもによって違い、その長い・短いは幼い頃に既にあらわれているとのこと。それぞれの子どもが必要とする睡眠時間を把握することが大切だそうです。

実は私はよく寝る子供で、朝もぎりぎりまで寝ていました。

だから今でも睡眠不足は体にこたえます。

キャッチは「栄養は元気の元!睡眠は命の母!」

意識することで効果は2倍

ロサンジェルスオリンピックで金メダルに耀いた蒲田選手、集中力を磨くために、ろうそくの炎や線香の火が消えるまで見つめ、集中力を磨いたという。

毎日がトレーニング。重い荷物をもったり、掃除をしたり、面倒、いやだとよぎる思いを一瞬で断つ。長丁場の射撃で流れが悪くなったとき、どう自分を理想の型に引き戻すか、心の作業は共通している。

北京オリンピックに出場が決まった蒲田選手、生活すべてが訓練の場という。

口内炎の対応法

口内炎の予防と改善は、次のことをこころがけましょう。

(1)まず口の中を清潔に。毎食後に歯磨きやうがいで常に清潔にする。また口の中が乾かないようにする。
(2)疲労・ストレス・睡眠不足に気をつけて。ゆっくりと休養をとって、睡眠を十分に。
(3)バランスのよい食生活を。とくに緑黄色野菜をたっぷり、ビタミンB群やCを含む食品を積極的にとって免疫力アップを。
(4)禁煙し、アルコールを控える。

 それでもできてしまったら、「睡眠は十分か?」「栄養バランスはとれているか?」「ストレスをためていないか?」など日ごろの生活を見直すようにすれば、病気を予防することもできるかもしれません。そうなると口内炎は厄介者どころか、無理をしないよう警告を発してくれるありがたい存在! 口内炎ができたら生活と健康を見直すよいチャンス、健康管理に利用しない手はありませんね。

病気は体が疲れていますよ!のサインです。ご自分の体を労わってくださいね

今日は何の日?

「今日は何の日?」

1938(昭和13)年、アメリカ・CBCラジオでオーソン・ウェルズ演出のSFドラマ『火星人来襲』が放送されました。その中で、演出として「火星人が攻めてきた」という臨時ニュースを流した所、本物のニュースと勘違いされ、アメリカ中で120万人以上が大パニックになりました。古きのどかな時代の話。今なら、ウソでしょう〜と軽くいなすでしょうね。そして、今日は仲間由紀恵さんの誕生日です。

すごい会議

すごい会議、大橋禅太郎著,読まれましたか?

アメリカン・エキスプレス等に取り入れられている会議の方法がかかれています。何か問題があれば、普通、どうして〜できないのだろうという議論に終始します。これを、どのようにすれば〜ができるか?に質問を変える事で、驚くほど、議論が前向きに、かつ一定の方向性もって、進めることができるとのこと。お薦め図書です。個人的にも導入できます。自分に向けてのコーチングですね。

矯正歯科で言えば、どのようにすれば、治療に通える日を確保できるか?どのようにすれば約束の日を忘れないで行くことができるか?等

皆さん、お忙しい中、時間のやりくりをして、来ていただいております。改めて、感謝します

診療風景★マユ様、お仕事で中々来れませんでしたが、3ヶ月振りにご来院いただきました。とってもうれしいです。装置のしている期間が長いと、むし歯になりやすくなりますものね!もうすぐ治療が終わりますよ!

がんばると目指す

「がんばる」と「目指す」は違います。

よく患者様にがんばってね!というのですが、実は好きな言葉ではありません。だって、皆それぞれがんばっていますもの褒めるときにがんばっているねもいいけど、具体的に「ここがよくなったね」がいいそうですね。

さて、がんばりま〜すの替わりに「目指しています」はいかがですか?何か達成している姿が見えてきませんか?

例えば、歯並びをきれいにするため、がんばります!では、具体的な行動がその方にイメージされていませんし、相手にもイメージ湧きませんよね。

歯並びがきれいになるよう目指しています、の方が目標に近づいていませんか?

輝きを取り戻す★どういう人材を育てたいか

今日の日経新聞の「日本の教育ー学びの針路を示せ」から。

日本の「知」が衰えてきている。米国物理学会への米国以外の国からの投稿で、長年ドイツ一位、日本2位だったが、2005年中国が両国を抜き去った。英新タイムズの大学ランキングでも、アジアのトップだった東大が2005年、北京大学になった。将来大学へ進みたいと考えている小学4−6年生は、北京80%,ロンドン58%,ワシントン49%,に対し東京は32%。勉強が尊敬される人になるために役立つ、出世するために役立つと考える子供は6都市中最低だった。

学習意欲の低下は、社会が豊かになったからと説明されることが多い。

明治と戦後の改革は「富国強兵」「民主国家建設」と教育が発するメッセージは明快であり、人を律する動機付けになった。

今、日本では読解力が低いので、読解力を育てるといった議論ばかりだが、方向性を失った日本の教育が目標をうちたてるのは容易ではない。と。

将来を担う子供達、耀いてほしいと願います。

ときざね矯正歯科、あなたがオンリーワンで耀くよう応援します

輝きを取り戻す★どういう人材を育てたいか

今日の日経新聞の「日本の教育ー学びの針路を示せ」から。

日本の「知」が衰えてきている。米国物理学会への米国以外の国からの投稿で、長年ドイツ一位、日本2位だったが、2005年中国が両国を抜き去った。英新タイムズの大学ランキングでも、アジアのトップだった東大が2005年、北京大学になった。将来大学へ進みたいと考えている小学4−6年生は、北京80%,ロンドン58%,ワシントン49%,に対し東京は32%。勉強が尊敬される人になるために役立つ、出世するために役立つと考える子供は6都市中最低だった。

学習意欲の低下は、社会が豊かになったからと説明されることが多い。

明治と戦後の改革は「富国強兵」「民主国家建設」と教育が発するメッセージは明快であり、人を律する動機付けになった。

今、日本では読解力が低いので、読解力を育てるといった議論ばかりだが、方向性を失った日本の教育が目標をうちたてるのは容易ではない。と。

将来を担う子供達、耀いてほしいと願います。

ときざね矯正歯科、あなたがオンリーワンで耀くよう応援します

骨そしょう症★ビスフォスフォネート製剤の副作用

骨そしょう症・リューマチに使われる ビスフォスファネート製剤が、顎の骨には骨の作り変えができないそうです。今日その勉強会に行った先生からのまた聞きですが‥

骨は毎日作りかえられ、作る細胞と壊す細胞があるのですが、この薬は骨を壊す細胞の働きを止めるとか。全身の骨にはいいのですが、唯一、顎の骨だけは反対に作用するとのこと。骨壊死とかが起こるそうです。

やっぱり、薬で治すより、食べ物で改善してほしい!矯正歯科:歯を動かして綺麗な歯ならびをつくるが、昔よりはやく動く。それはうれしいが、綺麗な歯ならびを保ってほしい!だから栄養のことや栄養補給食品のことをいうのです。

ちなみに 骨を作るためには カルシウムだけでは だめ!!です。
骨はコラーゲン繊維(タンパク質
ビタミンC)が基本。蜂の巣を思い浮かべてください。これが太くて丈夫な方がいいですよね。これを硬くするのがカルシウムです。

慢性疲労症候群

専門外来で多くの患者を診ている 倉恒・関西福祉科学大学教授(内科学)は、慢性疲労症候群の方には、漢方・ビタミン剤の大量服用で 約4割の方が完治している。日常生活のストレスを取り除くのも有効と。

ビタミンC,B12 等が使われる。

疲労外来に行くといいとのこと。

性格や気質が関係し、例えば電車の中でとなりのひとが携帯電話で話し始めたとき、?あまり気にせず無視、?自ら隣の電車に移る、?気になるのをじっと我慢する、このうち?のタイプの方は用心を。我慢してストレスを貯め込むと免疫細胞の働きが低下し、発症にかかわるそうです。

いい気候ですね!外にでて発散しましょう!