月別アーカイブ: 2016年5月

Tokizane Times★平成28年6月号★

tokizanetimes01tokizanetimes02

平成28年6月号

TokizaneTimes20163

 

★インビザライン(マウスピース矯正)

TokizaneTimes20165のアジア地域のミーティング(今回はマカオ)に参加してきました。総勢約900名です(日本からは約90名)。アジア地域は叢生の程度が強く抜歯症例が多く、G6は抜歯症例の多いアジア人に向けて開発されたとのこと。ウェルカムパーティーでは、2年前と同じ服を着たのですが、窮屈!やっぱり!(^^)!正月から順調に体重を増やした成果カナ(トホホ…)
★NHK 5月18日“プロフェッショナル”(食事介護)で、誤嚥する方に対し、口唇マッサージで機能回復し、胃瘻せずにお口から食べれる様になった方が出ていました。さらに、話すこともできるようになりました。口を閉じて嚥下圧を上げる事が、上手に飲み込むための基本とか!(^^)!        

ハート一番★院長 時實

TokizaneTimes20164

 

★今年初の練習★

去年の12月を最後に、ゴルフをしていませんでしたが、ようやくラウンドの予定が入りました。
4か月ぶりの練習だったので、当たるかどうか心配でしたが、4か月ぶりの割にはいい感じで一安心でした☆
でも日に日に筋肉痛がひどくなり、思うように動くようになるまで1週間くらいかかってしまいました(+o+)

安心感一番★歯科衛生士 杉村

 

 

★おすすめのマッサージ★

最近ラクロスボールで指圧することに凝っています。仙骨の辺縁、肩甲骨、肩周辺、太もも等です。体重をじわりとかけて左右に体をゆすると、手で揉むよりずっと楽です。
ラクロスボールは表面がツルツルしていず、すべりにくいのでソフトボールのようにはころがったりしません。ぜひお試しを。

誠実一番★歯科衛生士 森本

TokizaneTimes201618

★芸術と食欲★

先日、衛生士の杉村さんと森村泰昌「私」と「わたし」が出会うときを見に国立国際美術館へ行きました。
ベラスケスのラス・メニーナスを使った写真がとても面白かったです。
美術館に行く前に梅田で食べ放題ランチをいっぱい食べたので、美術館での長編映像作品は半分寝てました(笑)

気くばり一番★歯科助手 永岡

 

 

★白鷺城★

先日、初めて姫路城に行きました。お城を見に行くのは小学生の時に遠足で行った大阪城振りで、行ったこと位しか覚えていない位の薄い記憶。
姫路城もいざ目にするまでは全く興味が無かったのですが…いざ目にしたらすごく綺麗で圧巻!!
城好きではないのですが、パシャパシャ色んな角度から写真を撮ったり天守閣内の説明パネルを読み感心してみたり…行って良かったです♪

明るさ一番★歯科受付 北村

 

TokizaneTimes201619

 

★突発性下顎頭吸収★

10 代女性に多く認められ、
スポーツ活動時の外傷との関連性が指摘される、
下顎頭の進行性吸収が知られている。
チアリーダーズ・シンドロームとも言われている。
その他の下顎頭吸収の原因としては、リューマチなど
自己免疫疾患や代謝・内分泌障害などの全身疾患、
さらに顎関節症や食いしばりなどの口腔疾患も考えられる。
(2011 年日本臨床矯正歯科医会;例会)

TokizaneTimes201614


吹田市の保健センターでの『離乳食講習会』では、
スプーンの使い方の指導があります。

上唇を使うことが大切ですね!(^^)!

TokizaneTimes201612
 

視力が0.1 から0.8 に回復した人もいるスープのレシピ

鍋に煮干し(イワシ)粉末、あご(トビウオ)粉末、
昆布の粉末を入れ、水を加える。
弱火で30 分煮出した後、茶漉しで漉したスープに、
お好みで塩やお酢を加えるだけ。
「魚介の出汁がふんだんに入ったこのスープには、
血流改善に必須のミネラルが豊富に含まれています。
血流が良くなれば、自律神経が正常化され
毛様体筋もピント調整機能を取り戻す。
まさに『視力向上スープ』なのです。
このスープを日常の食事に取り入れることで、
目が必要としているミネラルを補給できます。
2~3 か月飲み続けると、大半の患者に視力回復効果が表われ始めます」
(回生眼科院長山口氏)※週刊ポスト2016 年4 月29 日号TokizaneTimes201613
 

★上顎前突の治療に何がいいかなと、調べていて見つけたので、ビムラーのセミナーに
行ってきました。上顎前突用は今年10 月です!(^^)!
成長期の上顎前突の治療では、顎は広げたいし、下顎の前方促進もしたいし…この装置な
ら両方の機能が見込めます。ただ時間がかかると言われていました。後戻りの少ない治療
を目指して!(^^)!

 

★セミナー記録★機能的矯正装置★ビムラータイプC(3級用)
ByDr 伊藤
タイプA:は1、2級用 タイプB は過蓋咬合用
ビムラー:拡大機能あり、Higu angle では使わない
装置はワイヤーがメインなので、装置をつけたまましゃべることができる。
タイプC が使えない(バイトが浅い症例)場合、Dr 伊藤の反対咬合
の治療はChin cap(400-500g)SLA(固定式LA)

TokizaneTimes201617

治療手順
1) 前後的位置の改善(上顎前歯の唇側傾斜、下顎前歯の舌側傾斜)

2)歯列拡大
*入れるだけで広がる(ギシギシ歯ぎしりなどで)。
次回来た時には広がった分だけビムラーを広げる。
拡大量は上顎0.5mm、下顎0.3mm(1 ヶ月:例えば)(拡大量に限界ある)
装置を使わない場合、自然に拡大する量は1 年で約0.5mm
(前歯が生え変わる頃に一番顎がよく広がる)
*ビムラー(拡大機能)では5mm 拡大する (もし何もしなければ、自然拡大量は3年で0.5×3年で1.5mm)

上顎の拡大は

TokizaneTimes201615

 

下顎の拡大は

TokizaneTimes201616
 

筋機能療法

小学生の健診で、以前当院で舌のトレーニング(MFT:筋機能療法)をされた方のお口をみせていただきました。

MFT後、よく気を付けていただいたのですね。

さらにかみ合わせが良くなっていました。がんばったね、Sちゃん!(^^)!

1~2歳で見つかるビタミンD欠乏症、くる病★適度に太陽にあたろう

日焼けした肌は健康な証拠だと昔は言われていました。しかし、ガン予防のためにUVケアしようというのが現在の風潮です。そんな中、小児科医師から気になる病気の報告が増えています。1~2歳で見つかるビタミンD欠乏症、くる病です。

 

続きを読む

紫外線との上手なおつきあい(ビタミンD)ほか

▽紫外線との上手なおつきあい、浴びすぎも避けすぎもNG(朝日新聞)

 http://www.asahi.com/articles/SDI201605116154.html

▽レモン摂取でカルシウム吸収率上昇、血圧下げる効果も(読売新聞)

 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160511-OYTET50029/

 

▽日本の平均寿命、女性86.8歳男性80.5歳で世界一キープ(産経新聞)

 http://www.sankei.com/life/news/160519/lif1605190027-n1.html