月別アーカイブ: 2016年8月

老化につながる物質AGEが高齢者の虫歯の進行抑制(朝日新聞)ほか

▽老化につながる物質AGEが高齢者の虫歯の進行抑制(朝日新聞)

 http://www.asahi.com/articles/ASJ8J2FS1J8JUBQU001.html

▽よく運動する人は13種類のがんにかかるリスク小さい(産経新聞)

 http://www.sankei.com/life/news/160815/lif1608150007-n1.html

▽終戦前後の子供時代貧乏だった高齢男性は死亡リスク低い(読売新聞)

 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160815-OYTET50044/

▽脳をその構造や働きにより180の領域に分けた地図作製(朝日新聞)

 http://www.asahi.com/articles/ASJ8923LSJ89UBQU002.html

生まれた日や月によって、なりやすい病気やなりにくい病気があるってホント?

生まれた月によって、なりやすい病気、なりにくい病気がある。これは占いの類ではなく、科学的な統計データが実証しているらしい。

昨年発表された、アメリカ・コロンビア大学の研究チームによる驚きの論文は、1985年から2013年までの28年間に、ニューヨークにある2つの病院の約170万人の患者データをもとに、綿密に調査されたもの。

1

 

http://www.jprime.jp/articles/-/7985

Tokizane Times★平成28年9月号★

 

TM1604-01

001

平成28年9月号

 

 

 

 

 

 

 

003

 

 

★皆と行った『旬菜 山崎』、いつ行っても美味しい!(^^)!

part1

★JR吹田駅の北側にできた『吹田グリーンプレイス』(ショッピングセンター)に行ってきました。
阪急オアシス(買ったもので軽食とれます。便利!)や色々な食べ物のお店があり、楽しめそうです。
大和大学の道向かいで、吹田駅周辺も変わっていくのでしょうね。

ハート一番★院長 時實

 

Let it go

ディズニーオンアイスに行ってきました。
女の子はエルサやアナのコスチュームを着たり、
男の子はオラフのかぶり物を着たりおめかしして来ていました。
 
うちの子も一応、エルサになりきってたつもりだったのですが、
会場に行くと気合入りまくりの子たちがたくさんいてて・・・
負けた…。と思いました。 
来年は準備をしっかりして行かなきゃな☆

安心感一番★歯科衛生士 杉村

 

★素敵な

小さい頃、高校野球をよくみていました。
暑いのに一生懸命戦っているお兄さん達を
‘かっこいいな~!!’と思っていました。
未だに高校野球の選手をみると“かっこいいお兄さん”。
私の方がうんっと年上なのに…

気くばり一番★歯科助手 永岡

 

008

 

★広隆寺★

京都の広隆寺に弥勒菩薩像がありあす。
作者不詳で誰が彫ったのかは分かりませんが、この像が一番好きです。
姿形といい、顔といい、
じっと見つめていると心が落ち着いてきます。
そこで今年のお盆には、広隆寺に行ってみようかと考えています。

誠実一番★歯科衛生士 森本

 

★そうだったんだ★ 

去年に引き続き、今年も順調に本を読んでいます。月に一回、紀伊國屋に新しい本を見に行くのですが
先日行った際に文庫コーナーに『イヤミス』フェアなるものが。
イヤミスというジャンルを知らなかった私は早速ネット検索…
「イヤミス=後味が最悪で読み終わりに嫌な気持になるミステリー」だそうです(;-o-)

明るさ一番★歯科受付 北村

 

009

 

子どもの将来の身長

子どもの将来の身長は次の計算式で求められます

*男子*(父親の身長+母親の身長+13)÷2±9

*女子*(父親の身長+母親の身長ー13)÷2±8


男子の「±9」、女子の「±8」の部分が遺伝以外の要因とされる。

生活習慣次第で、将来の身長の差が、男子で18cm、女子で16cmになるという。

寝つき悪く、夜更かししていた私より、妹は10cm背が高く、生活習慣の質が大切ですね。

 

日中によく運動し、ストレスのない早寝をしていれば…

9歳までの生活習慣が大切だそうです。

夏休み、生活リズムが崩れがちですが、新学期に備え、そろそろ早寝早起きを心がけましょうね。

骨がフニャフニャに!? 近年急増する子どもの「くる病」意外な原因3つ

なぜ「先進国でビタミンD不足」に?

乳幼児のくる病が増加しているのは、欧米や日本などのいわゆる先進国と呼ばれる国々です。食糧不足でもないのに、なぜビタミンD不足になってしまうのでしょうか? その原因は大きく3つと言われています。

 

続きを読む

妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10

■5位:ヨーグルト

■4位:イチジク

■3位:赤身の肉

■2位:全粒粉の食べ物

■1位:水

最後は食べ物ではありませんが、“妊婦のための健康食品トップ10”を選ぶとき、水は絶対に1位になります。それほど、妊婦の健康を保つために極めて重要なものなのです。

もちろん、カルシウムや鉄分の補充摂取を増やすことも大事ですが、増えた老廃物を腎臓から勢いよく流し出しやすくするため、妊婦さんは水を多く摂取する必要があります。

http://itmama.jp/2013/06/15/8947/2/