月別アーカイブ: 2017年8月

交差反応により、花粉症の方が生野菜や果物を食べたときに口腔アレルギー症候群が発症することがあります

花粉症の方には花粉のアレルゲンに対するIgE抗体があります。生野菜や果物のアレルゲンは花粉のアレルゲンと構造が似ているので、IgE抗体が構造の似たアレルゲンと反応し、口腔内でもアレルギーが起こることがあります。これを「交差反応」と言います。この交差反応により、花粉症の方が生野菜や果物を食べたときに口腔アレルギー症候群が発症することがあります。

1

http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/oas.html

 

Tokizane Times★2017年8月号★

titleph1

201708-00

2017年8月号

 

 

 

 

 


201708-02

★夏の食事会は江坂の旬彩天 ”つちや“(てんぷら)に!(^^)!
美味しかった~!
★阪神百貨店で噂の世界一のビール『箕面ビール』に遭遇。
お店の方に説明を受けて、ビルスナー購入!(^^)!
★アプリ「Think!Think!」米グーグルが子供向けアプリの世界トップ5に選んだ、
花まるラボの「Think!Think!」。
楽しみながら思考センスを育てる。
1回3分の問題を、1日3回まで、対象年齢は5~10歳だそうです。

201708-03

ハート一番★院長 時實

 

 

★巣作り★

玄関先でなんと蜂が巣作りをしており、
一匹が見張り役をもう一匹がえさを探しに行っている様子でした。
卵をうみ、かえすのは自然の摂理ですが、
刺されるのはたまったものではないので、
殺虫剤で殺しました。
これがツバメの巣作りなら、
喜んで見守っていただろうに・・・

誠実一番★歯科衛生士 森本

 

★トマト途中経過★

現在トマトを栽培中です。
苗を小分けにして様々な環境で成長に違いがでるのか実験中です。
あんなに小さかった苗がグングン大きく
なるのを見ているのは楽しいものですね。
もうそろそろが咲いてくれたらいいのになぁ
と思っています(^^♪

おもいやり一番★歯科衛生士 城山

 

★夏の訪れ★

いつも出勤がお昼前なので全然気づかなかったのですが、
いつの間にかが鳴き始めていました。
こんなに暑い日が続いていても
まだまだ梅雨は開けておらず
蒸し暑くて辛いです。(-_-)
お洗濯物を干した日に限りお天気がどんより…、
せめて早く梅雨開けしてくれー!!

優しさ一番★歯科衛生士 若松

 

★おそるべし★ 

家で暇な時間は、スマホでYouTubeをよく観ます。
私は、ゲームのプレイ動画や動物の動画を観ています。
最近、日本の小学生の将来の夢ランキングの3位に
ユーチューバ―」が入っておりなかでも
人気な日本人ユーチューバ―が、
先日高級ブランド×ストリートブランドのコラボ商品を1400万円
相当購入したと話題になっていました。
おそるべし、ユーチューバ―(゜゜)!!
  

明るさ一番★歯科受付 北村

 

201708-07

 

大人よりこわい 子どもの“無呼吸症候群”

20170523子どもの無呼吸症候群

子どもの無呼吸症候群児を治療しなかった場合★睡眠中の酸素不足による脳や身体へダメージ

★発達障害、周囲散漫、情緒不安定、うつ状態
★成長障害(低身長と低体重)
★夜尿、漏斗胸
★心臓病、心不全、高血圧

小児SAS(無呼吸症候群)の診断

<臨床症状>1.いびき 2.睡眠中の努力性閉塞性呼吸 3.眠気・多動・行動や学習に問題あり
<検査>睡眠障害国際分類第2版(2005年)によると、終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)で
1時間に1回以上の無呼吸あるいは低呼吸(AHI)があると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
(成人ではAHIが5以上だが、小児はAHIが1以上でSASと診断される)

c01 小児SASの有病率★1~4%と推定されている
小児SASの治療★1.アデノイド切除、口蓋扁桃摘出 2.CPAP治療 
3.減量・鼻閉の治療4.顎の拡大も有効といわれている

*チェックポイント:いびき、無呼吸、夜尿、学校では眠気、口をあけている、鼻閉、
中耳炎(アドノイド)、扁桃肥大、下顎後退 など
*季節性のSASもある(花粉症の時期など)
c03 *日中の症状として、夜尿、朝起きれない、眠気、集中力の低下、落ち着きがない、注意力散漫、多動等。子どもはうまく眠気を表現出来ないので感情的になる(キレル)。慢性期では胸郭の変形。
夜間の酸素血症&睡眠中の成長ホルモン分泌低下は、心身の発育に悪影響を及ぼす。
*夜尿(子どもでは夜尿、成人では夜間よくトイレに行く)20140309循環器内科★阪野勝久先生★講演より

******* 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome、SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5以上あれば、SASです。

c04