Tokizane Times★平成28年12月号★

titleph

tokizanetitle_10

平成28年12月号

icon

★筋機能療法大会に行ってきました。舌短縮症の話しがとっても良かった。帰りにお祭りしていました!(^^)!
★日本矯正歯科学会で徳島に(^^♪徳島ラーメン美味しい!
★Drストレッチで一番若い人は?と聞くと、ダンスをしている8歳の方、パフォーマンスを上げたいからとのこと。ストレッチすると、よく伸びるとのこと!(^^)!
矯正歯科ではお子様が多いですが、そのような良くなる可能性を多く持ってられる方が来られるのですね(^^)

ph01

ハート一番★院長 時實

★新しい種…★

先日、耳鼻科で久しぶりにファイバースコープを通してもらい上咽喉を診てもらいました。
1か月に2度、1年間も通院しているのだから、十分良くなっているはずと思っていたのですが、
結果は惨憺たるものでした。嚢水腫の
3つできており、その場でつぶしてもらいました。
とほほ…  

誠実一番★歯科衛生士 森本

★お鍋★

ずいぶんと冬らしくなってきて、お鍋がおいしい季節になりました。
野菜の値段が高騰しているので、もやしやキノコをたくさんいれてたべています♪
普段野菜不足になりがちなので、野菜がいっぱいとれるお鍋はとてもありがたいです(*^_^*)
食べ過ぎて飽きないようにしないと。。。

おもいやり一番★歯科衛生士 城山

★最新の~★

先月、iphone7に機種変更しました♪
iphone6→7になったのですが、まずカメラの画質がキレイな事に感動。
最新の機種にすると画素数が必ず上がるので、今まで使用していた物とは
明らかに違う感覚を一瞬で味わえるのが嬉しいです(^^)
ただ、データ移行が毎度毎度上手く移行できなかったり、パスワードやらを覚えていなかったり…
スマートな最新機種にかえても私自身が全然スマートになりきれていません(苦笑)

明るさ一番★歯科受付 北村

★私のミッキー★

Bradleyの70年代ミッキーマウスの腕時計が欲しいのです。
あちこち探していますが、値段と好きな顔の折り合いがつかず…
顔が気に入れば値段が… 払える金額だと顔がかわいくない…
今年はサンタさん 来るかな

気くばり一番★歯科助手 永岡

line

*舌小帯短縮症 (DH石野由美子:昭和大学歯科リハビリテーション科)20161019口腔筋機能療法研修会より

(1)舌小帯短縮症の検査と訓練、舌小帯短縮術とその後

1)望月の分類(十分開口させ、舌尖を挙上して…)

1度:十分に口を開けた状態(最大開口)で、上顎の前歯の裏に舌尖部を接触させた時に、
舌尖の拳上量が最大開口量の2分の1以上の場合
2度:最大開口量の2分の1から、咬合平面(かみ合わせの面)までの位置に達する場合
3度:咬合平面まで達していない場合

line

2)舌の随意運動評価

line

舌突出(前方)、舌尖挙上(上方)、左右口角、口唇トレース(コントロール):5秒間維持がゴール
軽度(4つの項目が可能) 中程度(前方、上方は可能、左右運動不良) 重度(前方のみ可能)

line

3) 構音機能検査

発語交互運動:(ぱたから)(ラの復唱:舌尖の弾き、開口量の減少、下顎の偏位を見る)

ラ発音時の異常所見:ラ行の速さと歪み:中等度は速度を速めると半数の人が歪む、重度は全員
中等度は舌尖の弾き、中等度は開口量を減らして、下顎を偏位させて発語(代償運動)

開口量の減少や、舌尖を動かさない、下顎を左右に偏位させるなど

4) 摂食機能検査

特長:食べるのが著しく遅い、クチャクチャ、前方で噛む、唾液が流出する、咽頭部の挙上が弱い、
口腔周囲筋が過剰に緊張、嚥下時食物残渣がある、舌の左右の随意運動の不良が顕著に見られる。
首を前にしている、クチャラー(呼吸できていない、前方で噛んでいる(小臼歯位の位置))、
口呼吸、口角下がる(大臼歯で噛むと口角上がる)(奥歯で噛むと唾液がよく出る)、
チョッパー食べ 

*手術の適応とタイミングと訓練について
舌開口量/最大開口量が1/2以下ならオペ(1/2(中程度)では発語、摂食に障害)
軽度であっても舌の付着位置が前方にあればオペ
左右の運動がとれない:8点以下では(左右の運動が取れない)、
6歳以上ではオペ
ハート型:下顎を偏位させて側方運動していれば
(口角の左右に振っているのであれば)
オペしたほうがいい。

line

(2)舌小帯短縮術前の訓練

① 舌突出(前方運動評価)(舌をベーと下方に出す)
② 舌尖挙上(上方運動評価):大きく口を開けて舌尖を尖らし口蓋につける
(できるようになったら口蓋に舌を吸い上げる)
③ 口角接触(側方運動評価)舌を口角に左右に舌を振る;できるようになったら奥歯まで)
④ 口唇トレース(コントロール力の評価):口唇をゆっくり舌で触る
舌の運動能力を高めるために、最大開咬量で練習する。

術前:可動域をひろげ舌尖のコントロール(1−2ヶ月)その後オペ

line

(3)舌小帯短縮術とその後

術後、当日から舌を動かす(日常生活のなかで舌を動かす)
1週間後抜糸:可動域を拡大させるトレーニング
1ヶ月後:舌尖のコントロール

3ヶ月まで練習をしっかり行う:舌尖のコントロール

6ヶ月後;MFTできる。ここまでフォローできれば上出来。
4項目が各々4点できる(5秒保持)、合計16点をゴールにする(これができてからMFTに)
運動性を上げてからMFTをする
参考:舌全体を挙上できるように練習>舌小帯切除>舌全体をつける(伸展、ストレッチ)、
舌尖強化>それができたら>スポットにつける(ByDH川端)

***********日本矯正歯科学会にて、ノーベル賞受賞の中村修二氏の講演より

*青色ダイオード開発の話*太陽光に近い波長の紫色LED(SORRA開発);
この製品は《アイリスオーヤマ》で販売。青色ダイオードは
人体に優しくない光源なので、幼少期の子供には避けたほうがいい。太陽光が人に優しい、紫色LEDはこれに近い。

参考:青色LEDの人体への健康被害は

1)眼の青色光網膜傷害 2)皮膚への生理的ダメージ
3)覚醒レベル、自律神経機能、体内時計、メラトニン分泌等への生理的影響(夜間の生理作用)

line