歯のエナメル質を強くする栄養素はビタミンA★エナメル質は外胚葉由来

歯のエナメル質を強くする栄養素はビタミンA★エナメル質は外胚葉由来(ビタミンAga大切)です!(^^)!

しっかり野菜を食べましょうね。もちろん カルシウムもね!(^^)!

 

2

 

多細胞生物の体細胞進化は、

①外胚葉(1胚葉)→②内胚葉(2胚葉:外胚葉+内胚葉)→③中胚葉(3胚葉:外胚葉+内胚葉+中胚葉)が進化の各段階で生まれ、その胚葉をもとに新たな機能が出来上がっています。1

 

胚葉とそこから作られる各機能の役割を見ていくと、大きくは以下のようになります。

①外胚葉は、上皮が進化し外圧を認識する感覚機能や組織を統合する神経機能を作る。

②内胚葉は、主に体の内部に外部空間と繋がる組織を作り、摂取を高度化しエネルギー生産を行う。

③中胚葉は、外胚葉と中胚葉と繋がり、より高度化した機能を体腔の中に作っていく。

 

体細胞は、どうやって進化した? – 生物史から、自然の摂理を読み解く

http://www.seibutsushi.net/blog/2008/01/374.html