インフルエンザ予防に舌磨き

「舌みがき」

歯ブラシにガーゼをまいて、数回、舌をやさしくこするだけです。舌ブラシも販売されていますね。
口の機能と健康について研究している専門家は、口を清潔に保つことも感染予防に有効だと指摘します。

老人ホームのデータですが、口腔ケアをしっかりすると、インフルエンザの発症が10分の1になったというデータがあります。
口の中に汚れがあると、インフルエンザウイルスが定着しやすくなります。
口の中をきれいにしておくことで、本来の防御機能をしっかり働かせましょう。

 

インフルエンザが猛威をふるい始めてますね。

お医者さんたちは、どのようにしてインフルエンザを防いでいるのかというと


 

★「手洗い20秒」

まずは手洗い。これは基本中の基本です。感染した人の分泌物に含まれるインフルエンザウイルスに触れたり、吸い込んだりすることを防ぐことが感染防止の第一歩です。手洗いは、まめにしましょう!

 

大事なのは「手洗いの時間」です。少なくとも20秒間、手を洗うことが大事と言われています。

20秒間をどのように計るか」ですが、「Happy Birthday To You」の歌を2回繰り返すと

ちょうどいいなどと言われています。

 

★咽喉うがい

うがいをする際には、「あー」とか「えー」とか声に出すと、喉の水に触れる部分が変わります。なるべく喉の奥の広い範囲を洗います。

お水か カテキンの入っている緑茶、紅茶、ウーロン茶で!(^^)!★

 

★鼻うがい

ウイルスは鼻の奥辺りで増殖しますから、この部分を防御したいものです。

耳鼻科で鼻の奥を洗える「ミサトールリノローション」という鼻うがいの錠剤を処方してもらい、これを使って鼻を洗えばいいそうです。

 

★「乾燥対策」です。加湿器を置く。

 

加湿器を置けない環境の方は、ぬれたハンカチをデスクの横に置いて環境を整えてください。

夜、ひどく乾燥しているところで寝るときには、室内にぬれたタオルや洗濯物を数枚干しておきます。

タオルや洗濯物に、気に入ったエッセンシャルオイルを数滴たらすと安眠効果もあります。

ちなみにユーカリ・ラジアタのエッセンシャルオイルはヨーロッパでは風邪予防に使われること