キシリトール★ガムやタブレットの摂取量は

キシリトールの配合量:

ガム(歯科医院専用)1粒あたりのキシリトール配合量は1.3gです。

タブレット(しまじろう)1粒あたりのキシリトール配合量は0.88gです。

タブレット(オレンジ、クリアミント)1粒あたりのキシリトール配合量は0.4gです。

 

むし歯予防には、一日5g以上摂りましょう。

ガムなら4粒、タブレット(しまじろう)なら6粒、

タブレット(ミント)なら12粒を目安に摂りましょう。

 

摂取量:子どもは1日4~10gの摂取で効果があります。

 大人の方でむし歯のリスクが高い人は10g以上摂取しても大丈夫です。

 

 

一度に大量食べると、体質によりお腹が緩くなることが場合がありますが、一時的なことですので、心配ではありません。

*******

キシリトールとは、ベリー類やトウモロコシ、白樺や樫の木などに多く含まれる甘味炭水化物です。

砂糖に含まれるスクロースに似たまろやかな甘みが特徴で、カロリーは砂糖の約60%という低カロリー甘味料です。アメリカ合衆国の食品衛生安全局は、キシリトールを1日の摂取量に制限を与えない食品として扱っています。一日平均67gのキシリトールを2年間食べ続けた研究報告でも、ヒトに悪影響を与えていません。ましては、むし歯予防に使用するキシリトール量は1日10g程度ですから、量的にも全く問題はありません。

 

WHO(世界保健機構)が主催した研究では、むし歯予防効果は各々の研究で異なりますが、キシリトールを使用した場合30~80%むし歯の発生を防いでいます。また、フッ素入り歯みがき剤(歯磨き粉)の中にキシリトールを入れると、10~12%むし歯の発生が少なくなっています。