口臭予防のために

口臭が気になるとのご質問

1.口を徹底的に清潔する、咽喉うがいしよう

口臭の主な原因はバクテリアおよび腐食する食物粒子(食べかす)。

また扁桃腺の炎症による口臭もあります。

これらを取り除くには、歯磨きだけではなく、舌も清潔にしましょう。

また咽喉うがいも大切です。

 

2.口の乾燥を防ぐ

口の乾燥は、口臭の原因になります。朝が起きたときに口のにおいがきついのも、寝ている間に口の中が乾くことが原因になっています。寝ているときは、唾液の生産が行われにくいのです。

唾液は、口臭の敵であり、口の中にあるバクテリアや食物粒子を押し流したり、バクテリアを殺す酵素や、防腐作用があります。

そのため、口臭を予防には、唾液を作ることが必要になります。唾液を作る方法としては、ガムを噛むことが有効です。

また水を飲むことで口の乾燥を防ぐことができます。こまめに水分補給を心がけましょう。

 

3.口臭予防のあるガムを選ぶ

シナモン味のガムはバクテリアを除去するのに特に有効です。

キシリトールを使ったガムは口臭を防ぐことができます。砂糖は口臭の原因になりますが、キシリトールは代用甘味料であり、細菌の拡散を防ぐ効果があります。

 

4.りんごやバナナを食べましょう

玉ねぎ、ニンニク、チーズおよびコーヒーなどは口臭を悪化させるものであることは知っている方も多いはずです。

しかし低炭水化物ダイエット‏をしていても、口臭がきつくなることはご存知でしょうか?

低炭水化物ダイエットとは、炭水化物(でんぷん、糖分など)を徹底的に制限したダイエット法です。

炭水化物取らないと、糖分が足りなくなり、それを補おうと体はケトンを作ります。このケトンはにおいがきつく、甘酸っぱいようなにおいが発生します。

そのため、炭水化物を抑えるようなダイエットをしている方は、口臭が発生してしまいます。そのようなダイエットをしている人は、バナナやりんごなどを摂取するようにしましょう。

そうすることで糖分を補うことができ、ケトンの発生を防ぐことができます。

 

5.歯医者さんに診てもらおう

むし歯や歯周病から口臭が発生することがあります。

口臭が気になられたら、歯医者さんにまぜは行って診てもらいましょう。