吹田市のときざね矯正歯科ではデーモンシステム、リンガルシステムなど最新の矯正治療をとりいれ、レベルの高い治療をしています。

SPO2,バイタルサイン

SPO2(経皮的動脈血酸素飽和度)
酸素の多くはヘモグロビンと結合し、全身に運ばれる。
酸素と結合したヘモグロビン/全身のヘモグロビン
正常値:96~99%

95%以下の場合には、異常な状態です。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患で常にSpO2が95%以下の方もいます。
95%以下の場合は酸欠状態:低酸素の状態が続くと意識消失や組織の壊死に繋がります。
90%以下:呼吸不全(80%以下で息切れ・胸苦感
75%以下:心虚血性変化への危険性
50%以下:意識障害や昏睡状態への危険あり

SpO2が測れないとき・異常を見落としてしまうとき・注意点
喫煙直後は、本当の酸素飽和度より高く出る
貧血の患者の場合、SpO2は正常値でも本当は低酸素状態の場合も
呼吸が乱れた状態でも、SpO2が正常値のこともある
指先の血の巡りが悪いと、SpO2が正確に測定できない
測定する場所が揺れたり動いたりすると正確なSpO2が測定ができない
↑のために、深呼吸、鉄分を多く含む食べ物(レバー、あさり、パセリ、ひじき、干しエビ)
https://carenote.jp/spo2/#spo2-6

***4つのバイタルサイン(生命兆候の数値化)(血圧、脈拍、呼吸数、SPO2)
正常値はいろいろ言われていますが…参考になるかな

 

 

 

コメントは受け付けていません。